ブログ|静岡県富士宮市で歯科・歯医者をお探しの方はふかせ歯科医院まで

  • 静岡県富士宮市・ふかせ歯科医院・電話
  • 静岡県富士宮市・ふかせ歯科医院・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

白い歯が輝く歯磨き粉

2022年8月10日

皆様こんにちは ふかせ歯科のホームページを見に来ていただき

ありがとうございます

今回は着色についてのお話です

歯が黄ばみやすい食事にはどのようなものがあるかご存知ですか?

カレーライス コーヒー 赤ワイン

緑茶やチョコレートやココアなども黄ばみの原因です

この着色を防ぐためには飲食後早めの歯ブラシが重要です

そこでお勧めなのがルシェロ歯磨きペーストホワイトです

フッ素も950ppm配合され再石灰化を促進して虫歯の発生と進行の

予防もでき歯質より柔らかくきめ細かな高濃度のLIME粒子が汚れをを

おとし歯の表面についたステインも落とします ホワイトニング後のケアにも

お勧めです

白い歯はその人の清潔感に大きく関わります

虫歯なしの輝く白い歯を目指しましょう

歯間ジェルについて

2022年8月6日

 

こんにちは。歯間ジェルって知っていますか?歯間ブラシは聞いたことや使用したことがあるかもしれません。でも歯間ジェルはあまり知られていないようです。歯磨剤と何が違うのか疑問に思う方もいるかも。でも歯周病やむし歯予防に効果があるのでぜひ使っていただきたい商品の一つです。

使い方は簡単。歯ブラシなどの口腔ケアの後に歯間ブラシやタフトブラシに垂れない程度の量をのせ、歯と歯の間や奥歯の後ろ側などを清掃します。サラサラしたジェルが唾液と混ざるとゲル状に変化するので薬用成分が歯間部や歯周ポケットに長くとどまります。ここが歯磨剤との違いです。薬用成分が流れないように最後は少量のお水で一度軽くゆすぐ程度に。香味はペパーミントなのでスッキリとした使用感です。

歯周病菌やお口の中の浮遊細菌を殺菌、新たな菌の繁殖を防ぎ、歯肉の出血・炎症を抑えてくれる効果があります。またフッ素も配合されているための大人の方に多い根面う蝕に対しての予防効果もあります。歯間ブラシを使われている方はぜひ一度お試しください。

 

はじめまして

2022年7月21日

はじめまして!4月から入社しました、歯科衛生士の大塚です!

皆さんのお口の健康から全身の健康までサポートできるようになる為、日々勉強中です!

ご迷惑をお掛けしてしまうこともあるかもしれませんが、精一杯頑張らせていただきます。

不安なことや分からないことがありましたら、お気軽にお声掛けください。

今後ともよろしくお願いします。

舌磨きの仕方

2022年7月15日

舌のお手入れ、皆さんはどうしていますか?

実は歯を磨くのと同じように歯ブラシで舌を磨くのはNGなんです‼

舌の表面には細かい凹凸があります

その隙間に食べかすや雑菌が繁殖すると、

口臭の原因にもなる「舌苔」となります。

舌に溜まった汚れは舌磨きをしてとることが大切です。

しかし、歯と同じようにケアしてしまうと、歯ブラシで舌を傷つけてしまい、

逆に汚れがつきやすくなってしまうので、

舌を磨く専用の舌ブラシを使って舌磨きをすることが大切です。

行う際は、舌をべーっと出して、傷つけないように優しく奥から手前に舌ブラシを動かします。

口臭の原因にもなりますので、舌磨きも行うようにしましょう。

 

患者様になってみました 続編

2022年7月9日

昨年の9月に始まった
従業員の歯科検診というものですが
先日最後の治療をしてもらって終わりました
最後は歯のお掃除でした

歯医者さんは嫌いだ!という人は多いと思います
その原因は、怖い、痛い、ということが一番にあげられると思います
いざ!歯医者さんに行くぞ!と決めて診療を受ける手前までが前回

診療室は5つの部屋に分かれています
プライベート重視という事
大きな画面に口の中の写真が写し出されるので
誰かに見られたくはないですから
こういうスタイルは好まれると感じました
かといって、現実から目を背けるわけにはいきませんから
大きな画面は有効的です
チェアに座ると目の前や壁にはいろいろな情報があります
他に見るものがありませんから
自然に目がいきます
あーー、なるほど
そんな情報もあります
いよいよ、治療となるわけですが
患者になってみると
情報源の一番は耳からになると思います
目はつむっていたりしますし、やっているところを直視できるわけではありませんから
音、会話、説明、色々な情報から、
今自分が何をしてもらっているのかを想像します
わからないということが一番の恐怖なのだと思いますから
やっぱり説明してくれるとありがたいと感じました
あとどれくらいの時間がかかるのか?
これから痛いことをするのか?
こまめな説明は非常にありがたく
すこしでも恐怖心を減らしてくれるものだと思いました
これは大事だと思いました

実際、ひどく痛いということもなく、すべての治療を終えることができました

歩いて程度やっていることはわかってはいましたが、もしも知らなくても

わかるような説明はしてくれていたのではないかと思いました

なにをしているのかもわからず、いつ終わるのかもわからない治療スタイルは好まれません

歯科医院もやっぱり信頼関係があってこそ成り立つものだと感じました

次回は今回の治療について感じたことをまとめてみたいと思います

義歯のリベース

2022年7月1日

長年使用していると義歯が、体重の増減や歯槽骨の吸収により合わなくなり、外れやすくなることがあります。そこで、義歯と粘膜との隙間を埋めてピッタリ合わせて安定を図ることをリベースと言います。やり方としては、直接法と間接法がありますが、近年では材料の物性もよくなり光重合型のレジンでの直接法で行うのがほとんどで、1時間も有れば完成です。間接法ですと印象してから最低でも半日、技工室での作業となりますので義歯を預からなければなれませんが、大きく改床をおこなうばあいには間接法が良いです。
また、リベース材には軟質と硬質とがあり、通常は硬質で行いますが、特に下顎の総義歯に多いのですが、痛くて嚙めないと訴える方には軟質のソフトリベース材がお勧めです。

規則正しい生活習慣で歯科疾患を防ぐ

2022年6月13日

歯科疾患や基礎疾患の危険因子の経時的な連鎖をドミノ倒しに見立てた『メタボリックドミノ』によると、肥満の手前に歯科疾患があるそうです❣

肥満を予防するためにも、口腔健康はとても重要であると言えます💖

歯に良い食べ方が見についていると太りにくくなります☺

そしてそれを実践するうえで重要なポイントとなるのが《睡眠といつ食べるか》です( ゚д゚)❣

就寝時間が遅く睡眠時間が少ない

→食欲が増加 食事を食べ過ぎる傾向が高くなり、肥満リスクも上がる

これは食欲を抑えるホルモン《レプチン》の分泌が減少し 食欲を高める《グレリン》の分泌が亢進するからです😿

睡眠時間が短くなる=起きている時間が長くなる と身体は長い活動時間に必要なエネルギーを確保するためにグレリンを増やして、

レプチンを減らし食事を摂るように促す🍚

更に就寝時間が遅く、寝る前や深夜に食事をすると、朝食抜きの生活になりがちとなり、体内リズムが乱れる原因となる💦

つまり❣早寝早起きは太りにくくスマートな生活習慣なのです😁💖

 

 

シーラントlについて

2022年5月30日

皆さまこんにちは

ふかせ歯科のプログをみにきていただきありがとうございます

今ふかせ歯科では小学校の歯科検診を行っています

皆さまも幼い頃保健室で並んで検診しましたよね

検診では乳歯や永久歯に本数や虫歯や歯肉のチェックをします

そのチェック項目の中にシーラントがあります

シーラントとはかみ合わせの溝に行う虫歯の予防処置です

歯を削らずにフッ素配合の樹脂で溝を埋め溝に物がつまらなくして歯ブラシしやすい環境を

つくります 生えたばかりの永久歯の虫歯予防に非常に効果があります

検診ではシーラント処置をされているお子様が大変多いです

それだけ子供の虫歯予防に関心を持っている親御様が多いのです

大人ももちろんお子様の歯に磨き残しが多かったり上手く磨けていないときは

虫歯になる前に是非シーラントをおすすめします

 

CADCAM冠について

2022年5月27日

キャドキャム冠、聞いたことありますか?

保険で作製できる白い歯の被せ物です。

大臼歯に関しては多少保険の制限がある場合もありますが、令和2年9月からは前歯のCAD/CAM冠も保険の適応になり、

以前に比べほとんどの歯が安価に白い被せ物を入れることができるようになりました。

白く天然歯に近い色をした素材のため銀の被せ物の見た目が気になる方が作り替えることも多いです。

金属ではないため金属アレルギーを引き起こす心配がありません。

またセラミック(陶材)とプラスチック(樹脂)のハイブリッドの素材のため硬すぎないので噛み合う歯を傷めないのも特徴です。

 

ただセラミックと比べると、長期間の使用で徐々に変色してしまうことや、表面の滑沢感の違いから多少プラークや着色は付着しやすいようです。(ただし個人差がありブラッシングの状態によってはいつまでもきれいな方もいらっしゃいます)

でも保険で安価に白い歯が入れられるのは嬉しいですよね😊

保険外になりますが忙しい方には最速で即日セットも可能です!

気になる方はぜひお声がけください。

 

 

 

 

歯磨き後のうがいについて

2022年5月17日

虫歯はいわゆる虫歯菌が糖を食べて酸を作り、これが歯の成分であるハイドロキシアパタイトを溶かすことにより起こります。

これを「脱灰」といいます。

 

初期の虫歯では、脱灰したアパタイトが歯に戻る「再石灰化」と呼ばれる現象が起こります。

フッ素、正しくはフッ化物を含むアパタイトは再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると次には脱灰しにくいため、

歯の表面が強いアパタイトに置き換わって虫歯に強くなります。

 

つまり再石灰化にフッ化物がお口の中にあることが重要となります。

これが虫歯予防にはフッ素入り歯磨き剤が良いと言われる由縁です。

 

ところが歯磨きの後に何回もうがいをすると歯磨き剤に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまうのです。

歯磨き後に汚れを吐き出した後の仕上げのうがいは、ごく少量の水で1回だけにして、しばらく飲食しないことにより再石灰化効果が高まると言われています。

現在、国内で販売される歯磨き剤の多くは身体に安全な濃度ですので安心して使用できます。

 

うがいを少なくするだけで虫歯予防が効果的にできるのなら今日から実践するしかありません!!

ぜひ歯磨き剤のフッ素を上手に使ってくださいね!

1 2 3 4 5 6 15